子どもの前での夫婦喧嘩

どの家でも夫婦喧嘩はしたことがあると思います。
私もよく主人と些細なことで言い合うのですが、なかなか「喧嘩」にまで発展しません。
きっとお互い連れ添い合って、譲らない部分と譲ってもよい部分が分かってきたからだと思います。

それでも、やっぱり少し相手が疲れていたり、自分が体調悪かったりするとどうしてもその譲り合い精神が壊れてしまい、喧嘩をしてしまいます。
私たち夫婦は気を付けているのですが、子どもの前では極力喧嘩をしないようにしようと決めていました。
しかし、長男がこの間「なんでお母さんは言いたいことを言わないの?」と私に言ってきたのです。
私が我慢しているように見えたのでしょう。

私はその長男の姿を見て、こう思いました。
「話し合い、意見の交換は子どもの前で存分にした方がいいのかもしれない。」
叩くや殴るなどは夫婦間でないので、それは心配ないのですが、感情的になり物に当たったり、涙を流したりするなどしなければ、子どもの前で夫婦であっても人として話し合うことを我慢するのはよくないのかもしれないと思いました。
そして、それを主人に伝え、子どもの前でも話し合うようにしました。

するとじっと私たちの会話を聞く子どもたち。
最初は本当にこれでよいのか?と思ったのですが、子どもの前で話しあった方がお互い冷静で客観的な話し合いができます。
しばらく、このスタイルを続けようと思っていますが、子どもたちが将来、親の模倣をするのかな…それでも大丈夫なのだろうか、心配になったりもします。
でも、この間「パパとママはいつもすごく話をしていて、仲良しだよ。」と言っている息子の姿を見て、安心する私たち夫婦です。

«
»