免許取りたての不安要素多々ある私

車線変更をする時に免許取りたての私はすごくドキドキします。
レベルが高すぎて、車線変更できずにそのまままっすぐ進み、後でUターンしたこともあるほどです。
まわりの車がスムーズにしているのを見て羨ましくさえ思います。

一回、ウインカーを出したにもかかわらず、入りたい車線に割り込めずに諦めたこともありました。
また、一番大変なのが、高速道路です。
車線変更をたくさんしなければならい高速道路の場合、私はかなり必死で運転しています。
もう周りを見ることに集中していて、前を見ることを忘れているのでは?と自分でも思うほどです。

そして高速道路は車線変更できないと、降りられなかったり、行きたい方向に行けずに遠回りしたりするなんてこともあります。
恐ろしいことに私は高速道路で何度かこの体験をしました。
こんな私に高速道路を運転させる助手席に乗った友人を責めたくなるほどでした。

いや、もとはと言えば、こんな私にしっかりと免許証を発行してくれる方を責めるべきなのかはわかりませんが、本当に自分でも公道を走るのが怖くなります。
それでも、少しずつ慣れてきてどうにか車線変更をできるようになってきました。
バックミラーで後方確認、イケル!と思った瞬間、ウインカーを出して周りの車に威嚇…いや、譲ってほしくて合図を出し、2輪車が来ないかもう一度サイドミラー、バックミラー、目視をして、いざ!という私。

こんな私なので、気がついた時にはもうさっきまで遠くにいたはずの後ろの車が私の車の横にいて、はっとする時があります。
もうしばらく修行が必要です。
そして、その修業を公道で行うしかない私は毎回寿命が縮まるほどドキドキするしかなさそうです。

«
»