世界の気候と日本の気候の違い

日本は季節の移り変わりがハッキリしている国です。
春は桜や花が一斉に咲き始め、
夏は空が青くまぶしくて、
秋は紅葉が真っ赤に燃え、
冬は真っ白な銀世界に包まれます。
パッと思いつくだけでも、それぞれに印象的なイメージが湧きあがります。

もちろん日本でも、雪が降らない地域はありますが、
私の住んでいる所は、雪がたくさん降る場所なので、
しっかりと四季を感じられます。
海外旅行が好きで、昔はちょくちょく出かけていました。
いろいろな土地に行くたびに、
ネットやガイドブックで下調べをするのも旅の醍醐味ですよね。
旅行のプランニングをするときは、必ずその国の天候条件を調べ、
出来るだけベストシーズンを狙っていきました。
行ったことのある国はまだ10ヶ国程度ですが、
気候に関しては、ほぼ雨季と乾季だけの2シーズンの地域が多かったような気がします。
ただ単に私が旅していた国が、
たまたま2シーズンの国を選んでいただけなのかもしれませんが、
ネットでチラリと検索しても、ほとんどが雨季と乾季のみの国が多いそうです。
四季が無いのは日本人から見ると、すこし物足りないような気もしますが、
実際住んでいる人にとっては、2シーズンが普通なので何も思わないことでしょう。
日本にとっての四季は、美しい景色をより美しく見せるための、
無くてはならないものだと思います。
が、しかし毎年雪害に悩まされ雪かきが大変なので、
冬だけは何とかしてもらいたいなと思っています。

テレビの世界に野球のシーズンオフは無い

『シーズン』という言葉は英語ですが、
このように片仮名表記でよく目にし、
すでに日本語として定着している言葉です。
会社名にもよく使われますし、ホテルなどの宿泊施設の名称にも使われています。
ニュースや新聞でも、「○○のシーズン到来」などと、よく見聞きしますよね。

昔、夏の歌ばかり歌うグループの代表曲のタイトルにも、
シーズンという単語が入っていて、
サビになると、そのシーズンが入った曲名を連呼していました。
特に私の住む土地には、プロ野球の球団があるので、
否が応でもシーズンという言葉を耳にします。
シーズン記録とかシーズンオフとか。
私は地元に球団があるのにも関わらず、
まったくと言っていいほど野球に興味がありません。
もともとスポーツ全体に興味がないというのもありますが、
野球と聞くと、世のお父さんが家でビールを飲みながら見るもの。
という、古臭いイメージが私の中にあります。
そして野球のシーズンになると、
見たいテレビ番組が潰され、子供の時から不愉快に思っていました。
放映時間は野球観戦、終了後はスポーツニュース。
野球ばっかり、さっき見てただろ。と不満タラタラでしたね。
でも、昔はシーズンオフになるとそれほど野球の話題は目にしなかった気がしますが、
今は違います。
調整がどうなっているか、メジャーに移籍、キャンプがどうとか。
年がら年中、野球の話題を耳にします。
野球に興味の無い私としては、
「シーズンオフじゃないじゃん。テレビは野球の話題ばかり。」と思い、
テレビにかじりついている旦那を疎ましく思うのです。

お正月にもう見ない羽子板
年賀状で現金10万円のチャンス
お年玉くじ付き年賀はがきが当選している場合は交換期限までに郵便局で手続きを。交換期限はコチラで確認できます。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»