最大の休日

以前働いてた会社は通常の土日祝、お盆、正月休みに加えて本人が自由に取得出来る個人休日=個休というものが存在していました。
土曜日が完全休日ではなかったのでその調整の意味もあったのでしょうか、土曜日の営業日に部署内のメンバーで調整しながら取れる個休と3?5月に春休みを3日、6?9月に4日取れるというものでした。

夏休みはお盆休みと繋げると10日ほど連続で休めるし、お盆を外して7月の海の日辺りや9月の秋分の日と繋げると4?6日位まとまった休みが取れるので旅行代金の安い時期に休みを取って旅行に出かけたりしていました。

今まで夏休み個休を利用して行った先は国内、海外どちらも行きましたが一番の大きな休暇は20代最後に個休+有休を取って7泊8日でイタリアに同期4人で旅したことです。
4人とも違う部署にいたので実現しましたが、今思えばかなり大胆な休みの取り方をしたなと思います。

実際ツアーで行ったのですが、20人ほどのツアーメンバーのうち私達4人以外は全員新婚旅行のカップルでした。
しかもその中に中学時代の同級生がいてびっくり。
まさかと思って声かけてみると相手も気づいてて中学卒業以来の久々の再会を喜びました。

ツアーは6月に行ったのですが、ちょうど記録的に暑い年だったらしく連日35度以上。
水が手放せない状態でした。
それでもバスの車窓から一面のひまわり畑を眺めたり、美術館やドゥオモと呼ばれる教会やコロッセオと呼ばれる競技場へ行ったり、映画に出てくるような景色や建物がいっぱいで大興奮の旅でした。

料理も本場のパスタは思った以上にアルデンテでそれがまた美味しく、ピザも地元の野菜や濃厚なチーズと合ってて美味しかったです。

ひとつ心残りだったのは青の洞窟と呼ばれるを洞窟を見に行くコースに参加しなかったこと。
ツアー前に事前申し込みが必要だったのですが、天候が分からなったので申し込まず、新婚さん達は全員参加。
すっごく綺麗だったと後で聞いて後悔しました。

また行くことが出来れば青の洞窟は絶対行きたいなと思います。

食肉卸の取引先
都内を営業エリアとする食肉卸の取引先は様々。肉の仕入れから加工に至るまで高いレベルにあります。
meat-kimura.co.jp/

«
»