テレビの世界に野球のシーズンオフは無い

『シーズン』という言葉は英語ですが、
このように片仮名表記でよく目にし、
すでに日本語として定着している言葉です。

会社名にもよく使われますし、ホテルなどの宿泊施設の名称にも使われています。
ニュースや新聞でも、「○○のシーズン到来」などと、よく見聞きしますよね。

昔、夏の歌ばかり歌うグループの代表曲のタイトルにも、
シーズンという単語が入っていて、
サビになると、そのシーズンが入った曲名を連呼していました。

特に私の住む土地には、プロ野球の球団があるので、
否が応でもシーズンという言葉を耳にします。
シーズン記録とかシーズンオフとか。

私は地元に球団があるのにも関わらず、
まったくと言っていいほど野球に興味がありません。

もともとスポーツ全体に興味がないというのもありますが、
野球と聞くと、世のお父さんが家でビールを飲みながら見るもの。
という、古臭いイメージが私の中にあります。

そして野球のシーズンになると、
見たいテレビ番組が潰され、子供の時から不愉快に思っていました。
放映時間は野球観戦、終了後はスポーツニュース。
野球ばっかり、さっき見てただろ。と不満タラタラでしたね。

でも、昔はシーズンオフになるとそれほど野球の話題は目にしなかった気がしますが、
今は違います。
調整がどうなっているか、メジャーに移籍、キャンプがどうとか。
年がら年中、野球の話題を耳にします。

野球に興味の無い私としては、
「シーズンオフじゃないじゃん。テレビは野球の話題ばかり。」と思い、
テレビにかじりついている旦那を疎ましく思うのです。

»